親友から変わる瞬間とは!?

自己妄想は避ける

性別が異なる人との友達関係はあり得るのもの、または成り立たないのか、的な考え方の違いは異性間の問題の中で永遠の案件となっています。

 

『友達』というくくりそれ自体があいまいと思われるので、区切りは難題で、どこらへんを友人であると認定することができるのかは、私自身次第ですごく見方は違うものです。

 

友達の関係と両想いの間には恋や出来心という、あるのかわからないような線だけなのです。

 

でもそのラインを踏み入ってしまうことで友人はもはやこれまでです。

 

ずっと継続したい友人関係がこそにあれば深く思っていることが大事だと思います。

 

親友でも男性と女性同士の関係は、友達ではいうものの強い意志が主要になるでしょう。

 

また両想いの人という存在がいるならばその恋人に対して思いやり、その他の誰かで連れ立ってに集合するなどというような自身の内部で規則を作成しておくことによって、無駄な騒ぎを回避できるでしょう。