ネイルをやると爪が痛くなっちゃう人は・・・

ネイルは短い方がいいと思ってたら大間違い・・・!?

突然ですが、あなたは日頃から綺麗なネイルを意識してネイルサロンに通われたりはしているでしょうか?

 

私の友人にもネイルサロンに通っているひとが多いのですが、時々こんなお悩みの話を聞きます。

 

それは―――

 

ネイルをやると手がキレイに見えていたんだけど、爪のところが痛くなる・・・・・というお話し。

 

これ、実は私もけっこうよくあるんですよね。

 

爪がくっついてる皮膚の先の方が、なんだか引っ張られるように痛くなっちゃう。

 

なにげに、このお悩みを持つ人は少なくないようです。

 

じつはこの痛み、爪をあんまり短くするとなるそうです。

 

ネイルをやってもらう時に、ネイリストさんに『爪の長さはどうしますか?』って聞かれますよね。

 

私は爪が伸びるのもはやいほうだし、長いと邪魔なのでいつも短めにお願いしてたんです。

 

でもそれがいけなかったみたい・・・。

 

ネイルをやる時にあんまり爪を短くしてからやると、爪がネイルに引っ張られて痛みを引き起こしちゃうんだそうです。

 

ネイルをやってよく痛くなる・・・って方は是非、爪をやや長めにカットするようにシテみてください。

 

きっと痛みが解消されますよヽ(^o^)丿