SNSのプロフの画像や写真はだいたい修正してる・・・

40代が画像の修正で20代に見える時代・・・

SNSのプロフィールを見る限りでは20代のまるでモデルさんのような見た目の人・・・

 

で、実際あったら40代のけっこう老けてる女性でビックリしました。

 

彼女のSNSの画像をチェックしてみると、プロフィール画像以外を見ても

 

全部若そうに見えるんです。

 

プロフィール画像は奇跡的に取れたいい写真だったのかなと思ったのですがどうやらそうではないみたい。

 

――そう、彼女は絶対に画像を修正しています。

 

とはいえ、最近はそんなの当たり前みたいですね(~_~;)

 

私は普段画像を加工する習慣がなかったのでなんだかビックリ。

 

みんなキレイで羨ましいな・・・・

 

私ってば死ぬほど写真写りが悪くて嫌だ・・・・

 

っていっつも思ってたけど、みんな修正しまくりで、な〜んだそういうことだったんですね。

 

日常的な嘘(修正)があなたの人生をサポートする

 

突然ですが、あなたは日常的に嘘をつくことはどのくらいあるでしょう。

 

一般に素直であること、嘘をつかない誠実な人柄であることって良いことと考えられていますが、

 

嘘をつかない素直な人の本音がネガティブだったり、周りに悪い印象を与えてしまう類のものだったらどうでしょう?

 

いっそ嘘をついた方がいいとは思いませんか?

 

というか、私は一般に言う、素直なひと・誠実なひとというのも

 

もしかしたら”そういう嘘”を付いているだけなのでは?と疑うことがあります。

 

しかし、結局それが嘘か本当かは関係なのだと思います。

 

大事なのは周りにどんなイメージを与えるかです。

 

あなたにも嘘をついた方がいいときってあると思います。

 

例えば自分が不運な目にあっているときに

 

他の人がすごく幸せな状態のとき、あなたは心から相手の幸せを祝福できるでしょうか?

 

できる人もいるかもしれませんが、正直難しい場合もあると思います。

 

ではそういった場合、素直で誠実な人は”正直祝福できない”って口にするのでしょうか?

 

それを言うと、周りからのイメージが悪くなってしまいますよね。

 

ですから私たちは、自らのイメージアップのために日常的にうまく嘘をつくスキルが必要なのです。

 

本心をさらけ出して好感をもたれる人もいますが、例えば、画像の修正など、そうでないひとは嘘をつくスキルを磨いてみるといいでしょう。